和風総建築

和風総建築について

欲張りな暮らし生活応援サイト【和風総建築】は、様々な視点から「暮らし・不動産」に役立つお得な情報や、 一般の方々にはまだまだ知られていない優良な不動産業者の情報をお届けいたします。 閲覧して頂いた方々のさらなる快適な生活環境を目指して、不動産情報をご紹介するサイトで、 日々の生活で活かせる裏技的な生活情報や、皆様の興味や関心に沿ったテーマを幅広いサービスでご提供いたします。 また、不動産情報については、単なるお部屋探しでの不動産情報だけに終わることなく、 その後のあなたの暮らしも応援するために、【和風総建築】は常に一歩先を見据えた情報提供を心掛けて、 誠心誠意サイト運営をしております。もしライフスタイルのことで困ったことやお悩み、 相談事がございましたら、【和風総建築】に頼って頂ければ何よりでございます。

「和風総建築」の記事PICKUP!

建築の世界
多くの偶然が重なっていろんな種類の職業を転々としてきたような気もするし、今の仕事をするために、すべての仕事はつながっていたのだという気もしている。良く言うが、人生は分からない。今自分がこの職業にいて、こうしていることも全く想像もつかなかった。学校を出て、初めての職場は土木建築の設計事務所だった。そこの計画室では、公共施設から別荘地にいたるまで、多くの仕事を学ばせてもらいながら、お給料までいただいた。そんな恵まれた職場を離れようと思ったのは、建築の世界、その仕事の分野は、私にとって、どこか抽象的な感じがしていたから。何も解らず、生活実感もない経験の浅い私が、たとえ十年後でも、他人の生活の器など考えられるわけがない。もっと手に負える、身近な分野からやり直したい。できれば皮膚を覆うシャツの一枚から。いろんなことをたくさん経験して、自分の視野とともに仕事の内容も、建物や環境の分野まで広がっていったら、その時は私にもできるかも。自分にしかできないことを、自分らしい方法で。そう考えると、建築の仕事に留まる訳にも行かなかった。

最新更新記事

平成26年11月7日新着!
建築の世界
平成26年11月6日PICKUP
不動産屋に相談

自分の国や土地

「自分の国や土地、自分が足を着けているこの大地のことを、もっと知りたい」という思いを持つようになって、民俗学というものに関心を持つ方は多いかもしれない。「民俗学」というと堅苦しく思われるかもしれないが、原典のような感じで、その土地、風土などを知ることができて面白い。自分が住む土地以外の地域、たとえば沖縄なら沖縄の土地や人の成り立ちみたいなものがわかってくるし、そこに住む人たちの誇りというものも理解できるようになる。日本という国は、文化の中心が東京に集中しているように思われている。それにどっぷりと漬かっているうちに、私たちは「地方」、「地方文化」への理解を怠り、しいては軽視しているようになっている。そのくせ、「南仏プロパンスが憧れの土地」などと平気で口にする。日本の「田舎」は尊敬しないけれど、外国の「田舎」には妙な思い入れがあるなんて、ちょっとおかしい。多分に、テレビ等での南国バカンスの取材の影響もあるのだろうが。

土地は私たちの生命線

海外ではどの国でも、自分たちの田舎というものを一番誇りにしているし、その土地が自分たちの生命線だということをきちんと理解している。無論、都会に住む人達もだ。総じて住んでいる土地への愛着が高いといえる。私は、そういう「プライド」を持つことがとても大切だと考える。それは、いろいろな土地を本当の意味で知ることになるし、ひいては自分の生活について考えたり、見直したりすることにもつながっていく。民俗学を学んでいくと、今まで知らなかった地方の人たちが、それぞれ、子供の頃におばあちゃんに聞かされた昔話とか民話を持っていて、それを大切にしながら生きてきたという事が良く分かる。そのような事を知っていく内に自分の田舎に対する気持ちも変わってくる。自分が知らなかった郷土への興味がどんどん膨らんできて、故郷を再度旅して見直してみるのも面白そうだな、と思えてくる。外国志向を否定するつもりではないけれど、「海外、海外」と騒いでないで、たまには生まれ育った土地に目を向けるのもとても大切な事だと思う。

おすすめの記事!

おすすめの記事 おすすめ度 説明!
不動産屋に相談 ✦✦✦✦✦✦✧✧✧✧ 住まいのトラブル

このページの先頭へ